残土処理の完全ガイド~仕事の効率アップップ~

ヘルメット

作業の安全を守る

修理

貿易や様々な産業を行なう際には欠かせないのがクレーンで、現代社会の経済成長には非常に重要な存在となっています。クレーンでは約数百キロから数百トンまでと幅広い重量の物資や資材を運ぶことができ、常に大きな負荷が掛かった状態となっています。そのため安全に物資や資材を運ぶには、定期的な点検を行なうことが必要となってくるのです。点検ではクレーンを動かす力となっているモーターをはじめ、ブレーキの劣化や故障などのチェックを行なっていきます。点検で全てチェックすることで安全であることを確認するだけでなく、スムーズに作業を行なっていくことにも繋がる大切なことなのです。点検は専門の業者が行なうのですが、点検のプロなのでクレーンの隅々まで全てチェックするので安心して任せることが出来るでしょう。

クレーンにはホイストや天井、橋形などいくつか種類がありますが、どれもプロの業者では点検を行なっています。点検の際は、クレーンの構造・機械・電気・ワイヤーロープ・釣具やチェーンなど数種類もの部分を点検していきます。主に劣化状況をチェックしていくのですが、それに加え荷重試験も行なっていきます。これらの点検は1年に1回程度で良いので、事業が落ち着いた時期を見計らって業者へ依頼してみると良いでしょう。また1ヶ月に1回の点検も行なっており、さらに細かくブレーキや吊具、安全装置や警報措置などを主にチェックしていきます。その他にも台風や豪雨後の点検や必要に応じた補修なども行なっているので、使用しているクレーンに不備が見つかった際には素早く業者へ点検を依頼しましょう。